コロナ禍で賞与が未支給や大幅なカットになり、これを機に転職を考えている看護師の皆様へ

お知らせ

楓の風のHPへお越しいただき誠にありがとうございます。さて、コロナ禍により病院の経営が悪化し、伴ってボーナスの未支給や大幅カットの報道が数多く聞こえて参ります。そこで楓の風の会社としての姿勢について、少しだけお話しさせていただきます。

私たち在宅療養支援楓の風グループはこのコロナ禍において、もっとも最優先にした対策が『職員の健康と生活を守り抜く』ことでした。PPE(個人用防護服)の大量調達にはじまり、同居家族への感染対策用品配布にいたるまで、職員そして職員家族への感染症対策を予算の最優先に位置付けました。また残念ながら定期昇給は来年にまとめて2年分行う意思決定となりましたが、賞与についてはいかなる理由があろうとも職員の生活を守るために必要不可欠であるため、例年通りに支給する方針を定め、早期に資金調達等に力を注ぎ、万全の財務体制でこのコロナ禍と向き合っています。

衣食住に欠かせない生活費、子供の学費、住宅ローンや家賃の支払いなど、給与や賞与がいつも通り支給されているからこそ成り立つものです。いかなる状況においても私たちが生活の不安なく安心して働き続けることが最優先であると考えています。

みなさんは転職活動において、様々な職場を訪れていると思います。そして薄々お気づきかもしれませんが、決められた診療報酬・介護報酬の中で支払える年収には限りがあり、結論を申せばどこも似たり寄ったりの条件で、月給で5千円~1万円程度の差で看護師獲得競争をしのぎ合っているのが現実です。そこでチームの雰囲気や教育体制を吟味して転職の意思決定をされると思いますが、まず面接では見ることができないのが、このような危機的な状況下における会社の職員を守る姿勢なのだと考えています。

楓の風では職員の誕生日にケーキやお祝いをすることはありません。仲良く楽しい飲み会もほとんどなく、会社主催の忘年会もありません。しかし、いかなる状況であろうとも、安心して働き続ける、皆さんの生活を守り続ける力持っております。それが在宅療養支援楓の風です。みなさんのご応募を心よりお待ちしております。

楓の風グループ 代表 小室 貴之

→楓の風 採用情報サイト
→楓の風 訪問看護師求人サイト